ばおキャンプブログ

等身大で、子連れファミキャン、時々ソロ車中泊キャンプ

【キャンピングカー・車中泊好き向け】アソモビ2021に行ってきた!(後編)

f:id:t4o0m0:20211212130911j:plain

みなさんこんにちは、baoです。

前回に引き続き、2021年10月16日から二日間さいたまスーパーアリーナにて開催された「アソモビ2021」の模様をお送りしたいと思います。

イベント自体とクルマ以外のブースを紹介した前回の記事はコチラです↓

www.baocampblog.com

 

安定のゴードンミラー!

f:id:t4o0m0:20211212124625j:plain

baoがとにかく今最も好きなゴードンミラーです!関連記事はこちらにあります。ご覧くださいませ!↓

www.baocampblog.com

f:id:t4o0m0:20211212124628j:plain

こちらは日産バネットベースです。東雲に展示されていたものはこのようにルーフボックスやサイドオーニングがついてなかったり車内を見ることができませんでしたが、このようなイベントでは隅々まで見て触ることができますね!

f:id:t4o0m0:20211212124631j:plain

サイドオーニングは憧れますね…強風の時は心配ですが一度はこの下でコーヒーを飲んでみたいものです。

f:id:t4o0m0:20211212124634j:plain

こちらはトヨタの丸目ハイエースベースですね。東雲に展示されていたものと同じ色ですね!

f:id:t4o0m0:20211212124622j:plain

f:id:t4o0m0:20211212124637j:plain

f:id:t4o0m0:20211212124640j:plain

内装がウッドなので、試しに中に入って座ってみるとまるで小屋にいるような気分でした。車の中にいる感覚が無くなってとてもいいですね!とても広々していて一気に欲しくなってしまいました…!

f:id:t4o0m0:20211212124619j:plain

f:id:t4o0m0:20211214201442j:plain

アンケートにも答えさせていただき、ゴードンミラーのファンであることを係の人にも熱く語らせていただきました。ノベルティとしてこのようなドリンクホルダーをいただきました!ありがとうございます!

ゴードンミラーを気になった方はこちらをどうぞ!↓

www.gordonmillerpro.com

 

フレックスドリームはやっぱりカッコいい!

f:id:t4o0m0:20211212124810j:plain

次はフレックスドリームです。青い看板でハイエースとか売っているFLEXではありませんのでご注意を!こちらはひときわ目立つカラーリングのランドクルーザーですね!

f:id:t4o0m0:20211212125750j:plain

リアのドアにはウッドのテーブルやカップホルダーやカーメイトのサイドバーが取り付けられていますね。

f:id:t4o0m0:20211212124813j:plain

こちらはハイエースです。やっぱり丸目がカッコいいですよね!そしてこの絶妙なカラーリング…!超カッコいいです。サイドに木目調の帯があるのもレトロな感じがして個人的には好みです。

f:id:t4o0m0:20211212125810j:plain

中は広々。足を延ばしてもまだ余裕がありそうなくらいの長さです。二人用として使うにはもう贅沢すぎますね!

f:id:t4o0m0:20211212125813j:plain

f:id:t4o0m0:20211212124816j:plain

サイドオーニングもでかい!広い!

f:id:t4o0m0:20211212124819j:plain

天井についているのはARBのルーフラックとガードレールですかね。照明もついていて憧れます。

f:id:t4o0m0:20211212124825j:plain

こちらは軍用車みたいにやたらアンテナやらごついバンパーやらがついているランクルです。カラーリングが統一されていて素晴らしい。

f:id:t4o0m0:20211212125654j:plain

ルーフテントがついてますね。手前にはコット型の一人用テント…かな?

f:id:t4o0m0:20211212124828j:plain

屋根の上にテントがあるのに一人だけここに寝かせられたらイジメです(笑)

f:id:t4o0m0:20211212125715j:plain

f:id:t4o0m0:20211212124822j:plain

フレックスドリームのグッズやらが販売されていました。

気になる方はこちらをどうぞ!↓

www.flexdream.jp

 

キャンピングカー界のスノピことトイファクトリー

f:id:t4o0m0:20211212123952j:plain

以前いろいろとキャンピングカーを見せて頂いたトイファクトリーさんです。バンコンならやっぱり真っ先に思いつくのがここですよね。

f:id:t4o0m0:20211212124842j:plain

このクマのイベント出現率もとても高くなりましたね!

f:id:t4o0m0:20211212124954j:plain

こちらは比較的シンプルな装備でライトなバンコンとしての立ち位置であるTOY'S BOXです。

f:id:t4o0m0:20211212124048j:plain

いいですね。コテコテのキャンピングカーよりもこのくらいあっさりしていた方がいいですね。天井サイドに収納くらいは欲しいかも。

f:id:t4o0m0:20211212125049j:plain

f:id:t4o0m0:20211212125136j:plain

こちらはHACO_HACOのようですね。

f:id:t4o0m0:20211212125145j:plain

f:id:t4o0m0:20211212124051j:plain

f:id:t4o0m0:20211212125202j:plain

f:id:t4o0m0:20211212125225j:plain

こちらはグリーンバディーです。ハイルーフではないので中で立ったりすることはちょっと無理かもですが、必要最低限のバンコンという感じですね。

f:id:t4o0m0:20211212125228j:plain

とても落ち着いた自然志向の色合いです。

f:id:t4o0m0:20211212124055j:plain

f:id:t4o0m0:20211212124058j:plain

こちらはトイファクトリーの代表作バーデンではなく、ベルゲンです。一瞬スペルを間違えてるのかと思ったのですが全く別物のようです。

f:id:t4o0m0:20211212124101j:plain

バーデンと違い、シンクの位置がドアの真正面にありますね!その分対面ソファーの広さを犠牲にしていますがちょっとすっきりした印象です。奥には縦型の収納が見えますね。

f:id:t4o0m0:20211212125303j:plain

f:id:t4o0m0:20211212124104j:plain

奥には広大なベッドスペースがあります。高さも十分にあります。

f:id:t4o0m0:20211212125346j:plain

こちらがおなじみのバーデンです。

f:id:t4o0m0:20211212125403j:plain

どうやらアンバサダーである剛力彩芽さんにレンタルされる模様です。いいなー。

f:id:t4o0m0:20211212125348j:plain

中は安定のバーデン内装です。キッチンも立って作業できそうで、ザ・バンコンという感じです。

f:id:t4o0m0:20211212124107j:plain

トイファクトリーが気になった方はこちらをどうぞ!↓

toy-factory.jp

 

クーピーチャンネルでおなじみ JP STAR

f:id:t4o0m0:20211212124328j:plain

つづいて最近baoがハマっている「クーピーチャンネル」で紹介された軽キャブコンのJP STARの_Happy1です。


www.youtube.com

この動画公開当初はキャンピングカー界では珍しい「即納398万円」が売りでした。納期が1年以上は当たり前のキャンピングカー界ではちょっと衝撃でした。

f:id:t4o0m0:20211212124331j:plain

クーピーさんやよゐこの濱口さんらのYoutube効果で相当人気が出たのでしょうか。アソモビにも出展されてたくさんのお客さんが注目していました。

f:id:t4o0m0:20211212124334j:plain

このHappy1が気になった方はこちらをどうぞ!

jpstar-aichi.com

 

豪邸レベルのNTB GroupのSAKURA

f:id:t4o0m0:20211212130204j:plain

つづいてこちらも「クーピーチャンネル」で時々紹介されるSAKURAです。もう完璧なキャブコンバージョンのキャンピングカーですね。


www.youtube.com

詳しく中身を知りたい方はこちらのクーピーさんの動画をどうぞ。

f:id:t4o0m0:20211212130210j:plain

中は天井高いし奥行きはあるしゆったりしているしで完璧ですね。案内してくれた係の方はちょうどクーピーさんの撮影の時も担当だったらしく、「クーピーさんはとても温厚な方でしたよ!」とおっしゃっていました!

f:id:t4o0m0:20211212130213j:plain

f:id:t4o0m0:20211212130215j:plain

バンクベッドも広大です。これは子供たちが発狂しますね。

f:id:t4o0m0:20211212130230j:plain

f:id:t4o0m0:20211212130234j:plain

これは子供のお仕置き部屋…ではなく荷室ですね。キャンプ用品全部ここに入ってしまう気がします。

2,000万弱の鼻血価格ですが気になる方はコチラをどうぞ!↓

ntbcamp.co.jp

 

キャンピングカーライフ研究家のトラキャン!

f:id:t4o0m0:20211212124354j:plain

つづいてキャンピングカーライフ研究家の岩田一成さんのトラキャンが展示されていました。岩田さんといえばbaoが尊敬する田中ケンさんの「極上三ツ星キャンプ」でもキャンピングカーのプロとして出演されていました!

当時はキャブコン乗りだったと思うのですが、子供が大きくなったこともありトラキャンに乗り換えたそうです。

f:id:t4o0m0:20211212124358j:plain

今回はシェル部分をおろしたスタイルで展示されていました。

f:id:t4o0m0:20211212124531j:plain

すごい!シェルを地上におろすと、シェルとの段差がかなり下がるので、まるでちょっとした小屋に入るような感覚になりますね!

f:id:t4o0m0:20211212124534j:plain

思いのほか中は広く、バンク別途部分もかなり広かったです。内壁の色がホワイトベースなのでとても広く明るく感じました。

f:id:t4o0m0:20211212124401j:plain

実はこの車の隣に岩田さんが立っててどなたかと電話されていました。(笑)

岩田さんの公式ページはこちらです↓

www.iwata-kazunari.com

 

永遠のあこがれ バスコン

f:id:t4o0m0:20211212131138j:plain

おそらく一生お世話になることが無いであろうバスコンです。ちょっと興味本位で覗いてみました。

f:id:t4o0m0:20211212131134j:plain

f:id:t4o0m0:20211212131141j:plain

広っ!めちゃくちゃスペース余りまくっているじゃないですか!二段ベッド構成にしたら10人くらい就寝できるのではないかと…!

f:id:t4o0m0:20211212131144j:plain

どうやらレンタルできるようですね!気になった方はこちらをどうぞ!↓

ccar.jp

 

カスタムが光る PROBO STYLE

f:id:t4o0m0:20211212130030j:plain

つづいてPROBO STYLEというカスタム専門の展示です。

f:id:t4o0m0:20211212130044j:plain

このボディの質感がとてもいいですよね。テカテカしておらずマットな感じがナイスです!

f:id:t4o0m0:20211212130046j:plain

ホイール写真にとるの忘れた…

www.probostyle.com

 

ほか気になったかっこいいクルマたち

f:id:t4o0m0:20211212132756j:plain

ではざざっと他にbaoが「かっこいい!」と思った車たちをほぼ写真オンリーで紹介です(笑)

f:id:t4o0m0:20211212132759j:plain

f:id:t4o0m0:20211212132802j:plain

ちょっと天井狭いかな…。

f:id:t4o0m0:20211212132819j:plain

よく見るとリアドアも内側から開けられるようですね。

f:id:t4o0m0:20211212133042j:plain

でかい!

f:id:t4o0m0:20211212133045j:plain

内装がとてもおしゃれで明るい!そして天井めっちゃ高い!

f:id:t4o0m0:20211212132423j:plain

f:id:t4o0m0:20211212132419j:plain

無骨でかっこいい!コンテナから消火用ホースとか出てきそう!

f:id:t4o0m0:20211212132504j:plain

ルーフバーの上にルーフっテントとか置くんですかね。
こちらでより詳細紹介しているようです↓

www.h-cargo.com

 

f:id:t4o0m0:20211212130459j:plain

なかなか見た目がかわいいです。

f:id:t4o0m0:20211212130502j:plain

中は意外とワイルドな木目調。右側のベッド展開方法が技ありな仕組みでございました。

f:id:t4o0m0:20211212130505j:plain

こちらも軽のはずなんですが軽っぽく見えないフロントマスク。実はこれベースがエブリイらしいです。びっくり!

f:id:t4o0m0:20211212130509j:plain

f:id:t4o0m0:20211212130512j:plain

気になった方はこちらをどうぞ!↓

www.blow-net.co.jp

f:id:t4o0m0:20211212133527j:plain

こちらはバグトラックというショップのパネルバンという車です。このショップは軽トラメインの幌をカスタムした軽キャンピングカーをメインにあつかっているようですね。

なんかでもかっこいい!こちらがリンクです↓

bug-truck.shop-pro.jp

 

これってキャンピングカー??

f:id:t4o0m0:20211212124240j:plain

こんなのもありました。一瞬キッチンカーかと思ったのですが…

f:id:t4o0m0:20211212124234j:plain

移動するミーティングブース車みたいな感じですね。こういうブース、よく会社とかコワーキングスペースで見ますよね。

f:id:t4o0m0:20211212124238j:plain

おもいっきり屋根と側面がオープンするので雨風入りまくりです。係の方もその点はお認めになっておられました(笑)

 

ogawaのカーサイドシェルターを発見

f:id:t4o0m0:20211212124144j:plain

当時baoがとても気になっていたogawaのカーサイドシェルターが展示されていたのでジロジロ見てみました!

f:id:t4o0m0:20211212124147j:plain

f:id:t4o0m0:20211212124450j:plain

カーサイドタープと違ってフルクローズにすることができるのがこのシェルターの最大のウリです。左側にはきちんとメッシュ窓もついていて外側の監視もできそうです。

f:id:t4o0m0:20211212124454j:plain

広さはギア類を配置して大人二人が椅子に座ってくつろぐにはちょうどいいサイズ感ですね。車のサイドに配置する場合は必然的に「スライドドアであること」が絶対条件な気がします。

もちろん普通のタイプのドアでもいいのですが、その分シェルター内に椅子等を配置できなくなりそう。

f:id:t4o0m0:20211212125459j:plain

気になったのがこの車体ルーフ部分への接続と隙間です。

今回の展示車はルーフに取り付けたバーに結ぶ形でセットされていました。通常であればきゅばんで行うはずなのですが、ルーフバーが邪魔したのでしょうね。勉強になります。

また隙間が結構空いているので、冬場中でストーブを焚いたら暖気がこの隙間から逃げてしまう気がします。何らかの対策が必要でしょうね。

f:id:t4o0m0:20211212125444j:plain

こんな感じで結んでいました。ていうか結束バンドでやっとるやん!

f:id:t4o0m0:20211212125518j:plain

ちなみに車内はこのようなウッドカスタムな内装になっておりました。雰囲気いいですね!

f:id:t4o0m0:20211212125521j:plain

f:id:t4o0m0:20211212124457j:plain

よく見ると塗装がマットですね。この場合も吸盤はつかないのかな…?

 

一度ここで寝てみたいルーフテント!

f:id:t4o0m0:20211212131404j:plain

他にもルーフテント類がたくさんあったのでピックアップです。

f:id:t4o0m0:20211212131400j:plain

こちらは最近よく見るsmittybiltのルーフテントです。

f:id:t4o0m0:20211212132622j:plain

こうしてみると床半分が空中に浮いているので、baoとしてはなんか怖くて眠れないかも…でも直接雨がテント内に入らないためのちょっとした屋根がついているのはいいですね。

f:id:t4o0m0:20211212133239j:plain

こちらはけっこうゴツイ見た目のPATHFINDERというテントです。なんとリモコンかスマホアプリでワンタッチで自動開閉するそうです!今風!!

f:id:t4o0m0:20211212133242j:plain

電気的な要素がある=故障した時ヤバそうな気もしますが、ついにテントが自動で展開する時代が来たということですね。これは設営撤収がさらに楽になりそうです。

 

オープンタープを卒業し、サイドオーニングだ!

f:id:t4o0m0:20211212132025j:plain

つづいてサイドオーニング編です。こちらはジムリイという、エブリイの顔面にジムニーを移植したものだそうです。シルエイティみたいな?

f:id:t4o0m0:20211212132028j:plain

なかなか車中泊カスタムされていてとても憧れます。この車のサイドについているのは…

f:id:t4o0m0:20211212132322j:plain

このような直方体でフルクローズになるオーニングです。

f:id:t4o0m0:20211212132031j:plain

中はこんな感じです。四角くてあまり非日常感が無く多少殺風景ではありますが、大きな窓が二つあって、タープ替わりには良さそうですね。

f:id:t4o0m0:20211212132156j:plain

こちらはオーソドックスなサイドオーニング、ですが、結構長いですね!

f:id:t4o0m0:20211212132159j:plain

ちなみに車内の後部はこのようにカスタムされていました。

f:id:t4o0m0:20211212132202j:plain

ちょっと暗くて見えないですが、インナーラックがあるんですよね。これは今後baoのモビリオスパイクにも取り入れたいところです。

f:id:t4o0m0:20211212131600j:plain

こちらもサイドオーニングなのですが、サイドというよりかはほぼ270度展開のオーニングです。

f:id:t4o0m0:20211212131603j:plain

いやー広い、デカい!後ろのリアゲート部分にまで広げることができて雨の日でも荷物の出し入れに困らない最強なアイテムですね。

f:id:t4o0m0:20211212131606j:plain

この手のものは強風が大敵ですよね。骨が折れてしまった時の修理代を考えるとちょっとゾッとします。

f:id:t4o0m0:20211212132619j:plain

同じものがこちらにもありました。車高によって屋根の角度が内側に傾斜するのか外側に傾斜するのか、どっちがいいのか気になりました。雨が降った時のことを考えると外側に雨が落ちた方がいいのかな?

 

 

他、車中泊ギアで気になったもの達

f:id:t4o0m0:20211212133444j:plain

最後にギア類です。こちらは車中泊マットです。

f:id:t4o0m0:20211212133441j:plain

なかなか厚みもあり、そこそこの硬さもある分割式マットです。

f:id:t4o0m0:20211212130628j:plain

あ、ここにもインナーラックがある!ほしい!

f:id:t4o0m0:20211212130828j:plain

こちらは牽引トレーラーですね。これを牽引しながら高速道路を乗るのはちょっと勇気がいるなぁ…

f:id:t4o0m0:20211212130734j:plain

こちらは車中泊で使える電化製品を扱っていました。JPNというメーカーの直流家というシリーズのようです。

f:id:t4o0m0:20211212133357j:plain

荷台後方にある白い両サイドの棚とテーブルのキャビネットのセットなどを扱っているようです。

f:id:t4o0m0:20211212130740j:plain

よく見るとロールスクリーンがあってバックドアの先にはなんとプロジェクターが…!これでリアゲートをすっぽり囲うタープなんてしたらまさにプライベートシアターの出来上がりですね!

f:id:t4o0m0:20211212130737j:plain

f:id:t4o0m0:20211212131239j:plain

「タケル君」とか「ムスヨ婆さん」とか、ネーミングがいちいち面白いんですよね…

jpn-corp.co.jp

f:id:t4o0m0:20211212132927j:plain

こちらは暑い夏などにドアを開けっぱなして虫が入らないようにするためのネットのメーカーのようです。

f:id:t4o0m0:20211212132952j:plain

フロントのドアにはこのようにドア上部を丸ごとすっぽりと覆うようにすれば窓を開けても虫が入ってこないわけです。

f:id:t4o0m0:20211212132955j:plain

こちらはスライドドア用ですね。おそらく設置はマグネットで行っているようです。

f:id:t4o0m0:20211212132950j:plain

もちろんリアゲート用もありました。baoはフロントドア用しか持っていないのでリアゲート用にするか、スライドドア用にするか迷いますね…

 

まとめ

f:id:t4o0m0:20211212130911j:plain

以上、「アソモビ2021」のレポート後編でした!

今回はクルマメインで紹介させていただきました。コテコテのキャンピングカーだとやはり金額、取り扱い、そして納期という3大ネックでなかなかハードルは高いのですが、普通の乗用車をちょっとカスタムして車中泊車にバージョンアップするのは今後キャンプよりもキャンピングカーよりも流行る気がしています。やはりbaoの勝手な「今後のキャンプスタイルは、キャンプx車中泊が来る!」という思いを改めて革新したイベントでした!

皆さんもアウトドアギアイベントだけではなく、このような「車×アウトドア」のイベントにぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

 

www.baocampblog.com

 

 

ランキングに参加しています。
よかったら押していただけると励みになります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ