baocamp blog

等身大で、子連れファミキャン、時々ソロ車中泊

焚き火に最強でコンパクトな火バサミを見つけた!(野良道具製作所)

みなさんこんにちは、baoです。

今回はbaoの「そろそろカッコいい火バサミが欲しい…」という願いから見つけた、コンパクトで頑丈な火バサミの紹介です!しかもスノーピークのキャンプギアで有名な「ふるさと納税返礼品」にて発見しました!

そして実際に焚き火にて、他社のコンパクト火バサミとの薪扱い対決も少しだけやってみました!それではどうぞ!!

 

この記事の対象者は…?
  • 大きな火バサミより、コンパクトなものを探している方!
  • 男前でカッコいい火バサミを探している方!
  • 野良道具製作所の「野良バサミ」を買おうか迷っている方!

 

今回紹介する火バサミは?


※出典:【公式HP】野良道具製作所 アウトドア用品・焚き火道具の設計製作 |

今回紹介させていただく火バサミは「野良道具製作所」さんの「野良ばさみ」です!おそらくご存じの方も多いかと思います!

どんなものなのかな?と基本スペック等気になる方はこちらの公式ページをご覧くださいね。

norastove.com

そしてこの野良ばさみなのですが、今回baoはAmazonではなく、ふるさと納税の返礼品としてGETしました!ちなみにこちらは広島県廿日市市(「はつかいちし」と読みます)の返礼品になります。

ふるさと納税返礼品の中では新潟県三条市のスノーピークさんが有名ですが、こういった各地方のあまり知られていないちょっとニッチ?なキャンプギアもあるのが、ふるさと納税の面白いところかもですね!

どうやら今年はケースつきの野良ばさみもあるようですね!↓↓↓ケース欲しい!(LTなのでサイズがちょっと小さい&ステンレスなことに注意!)

もちろん乗らばさみは単品でも売っています。それほどバカ高いものでもないので「今すぐ欲しい!」という方はこちらのほうがいいかもしれません。↓↓↓

 

 

そして野良ばさみが到着!!

楽天ふるさと納税で申し込んでから1週間もたたずにもう届きました!返礼品にしては早すぎです!

まずは段ボールですが、コンパクトです。そしてこのロゴもカッコいいし両側に貼られたシールも渋すぎてカッコいい…!そしてなおかつめっちゃ重い!これはいやでも期待値が上がってしまいますね!!

 

開封して中身をチェック!

段ボールを開けてみると、細長い段ボールにこのようにジップロック的な袋が丸められて封入されていました。説明書と右の写真は湿気と利用の特殊な紙?のようですね。

紙類を取り出してみると、出ました本体!カクカクしていてコンパクトでとても凶悪そうなギザギザした歯が特徴的ですね!付属品として接合部分のワッシャー?のスペアのようなものがありました。これどう使うんだろう??説明書を後で見ます。

 

手に持った瞬間重い

本体を持ちあげてみると、お、重い!

鉄製とのことで440グラムもあります。絶対子供には無理な重さです。完全に力のある大人用ですね(笑)。手触りですが特に何かコーティングされているわけでもなく、鉄なのでざらざらしています。めっちゃ無骨です。バリみたいのはないです。

そしてとてもコンパクトですね!収納状態は21センチほどです。これならキャンプギアを入れるボックス類にも余裕で入る大きさです。

ちょっと気になったのが先の歯の部分のかみ合わせがなんかズレていることに気づきました。あれ?これじゃあ薪を挟む時に変になるんじゃないの?とちょっと心配になります。

 

伸ばして戦闘モードに変形!

では早速戦闘(焚き火)モードに変形してみましょう。変形するには上下についた丸いネジを緩めて、歯部分を伸ばしてまたネジを締めてあげれば完成です。

ここで面白い構造に気づきました。下の写真2枚に注目してください。

この赤丸で示す歯のアゴパーツ後部が、ハサミ展開をロックする役割も担ってました。赤矢印の向きにアゴパーツを左にひくと、ストッパーが外れてハサミのばねが開くという仕組みです。これはナイスアイデアですね!

そしてなんと不思議!さっき収納状態だった時は歯のかみ合わせが不整合状態だったのに、戦闘モードになるとピッタリきれいな歯並びになっています!なんで??でもすごい!

 

実戦投入!他社コンパクト火バサミと対決!

さあ、いくら家で火バサミをいじっていても全く意味が無いので実戦投入です!

そして今回はもう一つのコンパクト火バサミさんと対決していただきます!写真の焚火台上にある、上側の火バサミがそれです。

こちらはAmazonで購入したGREEN LIFE(グリーンライフ)さんの伸縮式ステンレス火バサミです。かなりリーズナブルで軽くてそこそこコンパクトになるので、実は一足先に導入していました。

形は写真の通り、100均によくある火バサミのような形をしていますが、ボタンを押して引き延ばすと長くなるギミックがあります!

先部分は野良ばさみのようにギザギザした歯はありません。収納状態も顎は開いたままで、戦闘時の開き具合は野良ばさみよりも狭いです。

なんかもうこの時点で勝負が決まっているような気が(笑)

 

実際焚き火に使ってみると…!?

まずはグリーンライフさんのステンレス火バサミです。

中くらいの太さの薪を持ち上げることができますが、先端に歯が無いので薪を安定して持つことは難しいです。なので薪がブレないように、ずっと力を入れて持ち上げる必要がある、そしてなるべく薪の真ん中部分を持つ必要がある、ということに気を遣うのが少しストレスかもです。ちょっと残念。

続いて野良道具製作所さんの野良ばさみです。

とりあえず野良ばさみ自体が重い(笑)。でも薪を持った瞬間、思わず「おおっ!スゴイ!」っと声が出てしまいました!

写真を見てください。薪の端っこ部分を挟んでいるのですが、全くブレません!このまま左右にブンブン振っても滑り落ちることが全くありませんでした!申し訳ないですがグリーンライフさんとは比べ物にならないくらいの驚くべきホールド力!野良ばさみ自体重いけど(笑)。

なので薪を落とす不安とストレスが一切ない状態で焚き火を楽しむことができました!

やはり最大の勝因はこの凶悪な歯(笑)でしょうね。そして野良ばさみ自体が重いことによって抜群のホールド力と安定感を生み出しているのだと思います。

この勝負は野良ばさみの勝利!!

ただ、野良ばさみにもそれ自体が重いこと以外にもちょっぴり残念な点があります。

この写真を見てください。薪を掴んだりしているうちに、写真のように手袋に野良ばさみが引っかかってしまう事態が発生しました。

原因はこちらの赤丸部分です。このばね部分の金属部分に手袋が巻き込まれてしまったもようです。今回は手袋をしていたからよかったのですが、もし手袋をしていなかったら素手で巻き込まれたらちょっぴり怪我をしてしまう恐れがあるかもです。

なので野良ばさみを使う際は、必ず手袋か焚き火グローブを付けるようにしましょう!

 

でもやっぱり野良ばさみはキャンパーのロマンだ!

以上、野良道具製作所さんの野良ばさみ開封の儀と実戦対決レポートをお送りしました。最後にbao自身が感じた野良ばさみの良かった点、惜しかった点をまとめます。

良かった点、惜しかった点

良かった点
  • 収納状態がとてもコンパクト!(長さ、そして歯が閉じる)
  • 見た目が無骨でクールでカッコいい!
  • ギザ歯による抜群の薪ホールド力!
惜しかった点
  • ちょっぴり重い…(安定するから良いんだけど)
  • ばね部分の安全性がちょっと心配…

個人的にはとても良い買い物(というか納税?)でした!これはbaoがキャンパーのみなさんにおススメできるロマンギアだと思います!

ファミキャンでは、野良ばさみはパパ用、もう一つのステンレス火バサミは奥様&子供達用として使い分けたいと思います!

 

 

ランキングに参加しています。
よかったら押していただけると励みになります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ