baocamp blog

等身大で、子連れファミキャン、時々ソロ車中泊

Bluetooth通信でアプリ管理できる温度計がキャンプに最適!

f:id:t4o0m0:20220220101222p:plain
出典:Amazon

みなさんこんにちは、baoです。

今回はキャンプでも車中泊でも使える、「あると便利」なギアの紹介です。キャンプでも車中泊でもテント・車内と外気の温度をモニターすることができる「Bluetoothデータ通信機能付き温度計」の紹介です!

ちなみに過去記事で車中泊必須ギアとしてちらっとだけ紹介しました。こちらもあわせてどうぞ!↓

www.baocampblog.com

この記事の対象者は…?
  • xxxxxxxx

 

外気温をいちいちチェックするのは面倒!

f:id:t4o0m0:20220319063231j:plain
出典:ぱくたそ

温度計はもともと「設置してある場所に行って数値を確かめ記録する」ということが常識だったのですが、普段生活していて

  • 自室にいながら、
    リビングルームや子供部屋の気温が寒くなっていないかチェックしたい
  • テント(車中)にいながら、
    サイトの外気温がどれだけ寒くなっているかチェックしたい

といったことができるととってもラクですよね。

 

外気温をいちいち記録するのはもっと面倒!

f:id:t4o0m0:20220319064226j:plain
出典:ぱくたそ

また、baoは一応キャンプブロガーなので、時々(ですいません)キャンプ場レポートを書くときにサイトの気温を記録することがあります。

でも普通の温度計を使うと、この記録がとても面倒なんです!

  • 温度計を紙で記録は面倒なのでスマホで写真をとる
  • あとで写真を整理して何時の気温なのか写真のプロパティで調べる
  • 「あ、朝の時間の気温とり忘れた!」となり、orz

というわけで、
設置しておけば勝手にどんどん気温が記録されるような温度計
を求めていました。

 

悩みが一気に解決!リモート温度記録ができる温度計を発見!

f:id:t4o0m0:20220210185133j:plain

f:id:t4o0m0:20220210185331j:plain

そんなbaoの悩みを一気に解決してくれた救世主がこのGovee温度計です!
基本的な機能は以下です。コレ、ヤバくないですか??

  1. 温度・湿度を計測し液晶表示
  2. 弾四電池2本使用
  3. 温度・湿度データをBluetooth通信でスマホに連携できる!
  4. スマホアプリで温度・湿度推移をモニタできる!

Amazonで詳細を確認したいかたはこちらをどうぞ↓
※今回紹介するのは2個セットですが、現在は単体販売しかしていなさそうです。

 

さっそく開封して中身をチェック!

f:id:t4o0m0:20220210185158j:plain

f:id:t4o0m0:20220210185155j:plain

では開封してみます。内容物としては以下です。

  • 本体×2個
  • 単四電池2本×2セット
  • 説明書
  • 保証カード

説明書は安心の日本語表記があります。といってもそんなに操作することは無いです。

f:id:t4o0m0:20220210203841j:plain

f:id:t4o0m0:20220210203845j:plain

大きさ的にはiPhone8の2/3くらいの大きさです。ボタンはアタマについている摂氏/華氏切替のボタンくらいです。

 

本体裏面には単四電池入やスタンドあり

f:id:t4o0m0:20220210203807j:plain

f:id:t4o0m0:20220210203811j:plain

単四電池を裏面に入れる方式です。個人的にはこれがUSB充電できるリチウム電池だったらよかったのになぁと思ったりします。

裏面上部にはフックなどにひっかける穴が開いています。

f:id:t4o0m0:20220210185312j:plain

f:id:t4o0m0:20220210185316j:plain

裏面下部に折りたたまれている足を広げることができます。こうすることにより、自立することができます。しかし残念ながら裏面にはマグネットはついていないです。つけた方がめちゃくちゃ便利なのになぁ…

 

基本的な機能

f:id:t4o0m0:20220210203926j:plain

f:id:t4o0m0:20220210203929j:plain

こちらが電池を入れた液晶画面です。上部に温度、下部に湿度を表示しています。それぞれ計測期間中の最高数値と最低数値を表示してくれています。

右の写真は二台電源を入れたところですが、同じ場所なのに温度と湿度がちょっとズレていますね…この撮影の後もしばらく様子を見たのですが、乖離はこの時よりも小さくなったものも完全には一致することはありませんでした。そんなに厳密なものは求めないので気にしないことにしましょう!

 

スマホアプリを入れよう!

このGoveeの温度計ですが、温度と湿度を表示してくれる基本的な機能は満たしているので単独でも十分問題ないのですが、スマホと連携することでその真価を発揮してくれます。まずは各プラットフォームのアプリを探してみましょう。

f:id:t4o0m0:20220220104224p:plain
出典:「Govee Home」をApp Storeで

こちらがiOS版のアプリですね。

f:id:t4o0m0:20220220104027p:plain
出典:Govee Home - Google Play のアプリ

こちらがAndroidアプリです。

このように普通のスマホであればアプリは用意されているのでインストールをすることを強くお勧めします!会員登録が必要にはなりますが有料ではないので安心してください。

Govee Home

Govee Home

  • Shenzhen Intellirocks Tech Co. Ltd.
  • ユーティリティ
  • 無料

apps.apple.com

play.google.com

 

アプリにBluetoothデータ連携!

f:id:t4o0m0:20211116210458j:plain

アプリを起動させて、2台の温度計をBluetooth端末として登録すると、このように画面に表示することができました!「Indoor Thermometer」という名前は自分で好きに変えることができます。

電池残量とか通信状況。そしてそれぞれが今表示している温度と湿度を確認することができますね!アプリを起動すると自動的にアプリが各端末からデータを拾ってきてくれるようです。

f:id:t4o0m0:20211231193437j:plain

f:id:t4o0m0:20211231193503j:plain

それぞれの端末をタップすると今度は過去の履歴データを取得してくれます!(端末内上限最大20日分)これが本当に便利なんです!ブログを書くときに「昨日の夕方の気温が何度か写真撮るの忘れたぁぁぁー!」ってよくなるのですが、これだと履歴を追うことができるので記録する手間が省けます!これは最高!写真右側の湿度も同様です。

グラフ部分は日本の指でピンチ操作することで周期を短くしたり長くしたりすることも可能です!しかもデータをcsv形式でエクスポートもできます。

 

複数台持ちでリモート温度確認&記録は最高!

f:id:t4o0m0:20220210204123j:plain

以上、GoveeのBluetooth通信機能付き温度計の紹介でした!では最後にこの商品の惜しい点良い点をまとめてみます!

ちょっと惜しい点
  • 単四電池じゃなくてUSB充電式がいいな…
  • 裏面にマグネットがついているといいな…
良い点!
  • Bluetooth通信で離れた場所でもスマホで温度湿度確認できる!
  • スマホアプリで過去2か月分のデータを遡ってみることができる!

価格もそこまで高くなく、時々セールで安くなっているので気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

※過去の車中泊便利グッズ関連記事もどうぞ!

www.baocampblog.com

www.baocampblog.com

www.baocampblog.com

 

 

ランキングに参加しています。
よかったら押していただけると励みになります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ