baocamp blog

等身大で、子連れファミキャン、時々ソロ車中泊

ドンキのキャンプ用品パトロール!~焚火台・グリル編~(2022春)

みなさんこんにちは、baoです。

今回はみんな大好きドンキこと「驚安の殿堂 ドン・キホーテ」でのキャンプ道具レポートです。今回は焚火台・グリル編です!

ちなみに前回の椅子・チェア編、クーラーボックス編はこちらです↓

www.baocampblog.com

www.baocampblog.com

 

 

ソロ用の焚火台たち!

コールマンとFIeld to Summitのソロ系

まずは王道のコールマンファイアーディスク(ソロ用)です。コールマンってほんと組み立てが極力シンプルな製品を作りますよね!このファイアーディスク群がその象徴な気がします。とにかく簡単、使いやすい!

隣にあるのはファイアストーブです。Lサイズとなっていますが、ソロ用かなと。きちんと五徳もついていて実用性がかなり高そうです

ついでにその隣にはクッカー13点セットが置いてありました。これ一個あればとりあえずソロ用のキャンプ飯はなんとかなりそうです!

 

おひとり様用ミニストーブ

こちらはソロ用のストーブです。扉が下に開いて枝(薪ではない)が本体からはみ出ても落ちないような作りになっています。子供の焚火練習にちょうどいいサイズ感ですね。

 

ファミリー用の焚火台たち!

ロゴスのピラミッド系

真ん中はロゴス焚火台の主力、ピラミッドグリルです。組み立て工程がカッコいいんですよね!そして足部分も台形でしっかりしていて抜群の安定感があります。(川辺キャンプの場合は除く)右側は

こちらはピラミッドグリルもどきですね。接地面に長方形の受け皿二つ置くスタイルになっています。収納時もかなりコンパクトになるようです。

写真右奥はおなじみユニフレームのファイアスタンドもどきですね。足が分割できないタイプなので、収納時はとても細長くなります。難点と言えばメッシュ網部分の耐久性に気を付ける必要があります。薪の載せすぎ注意です!

 

これはもしやスノピ?ニセモノ?

スノピの焚火台?とおもったらField to Summitでした。ファイアスタンドといいこちらといい、なかなかいろいろパクってがんばっているようですね。付属品も多く、価格も安く本家に比べるとかなり良心的です。

 

ファイアスタンドとトライポッドが合体!?

こちらはファイアスタンドとトライポッドが合体したような焚火台です。ちょっと薪を入れるときにポールが邪魔かもしれませんが、片付けがとても楽そうですね。しっかりしたつくりだったのか、なかなか重かったです

 

ロゴス?かと思いきやBUNDOK

こちらはロゴスのROSY化と思いきやBUNDOKの焚火台でした。こちらも軽くてかなりコンパクトになりそうです。網の形が面白いですね。その分薪を入れやすくなっています。なんだか似たような焚火台が多い(笑)

 

とってもコンパクトなグリル達!

ロゴス

こちらは金属製のアタッシュケースかと思いきや、開いたとたんにBBQグリルになります。大きさ的には2-3人用ですかね。がんばったら焚火用とにも使えそうですが、耐久性とかが心配かも。でも見た目グリルに見えないところがいいですね!

キャプテンスタッグ

こちらは↑のグリルアタッシュよりももっと小さいソロ用のアタッシュBBQグリルです。本当に小さいので実用性をあまり感じないのですが、子供専用のグリルとしてあってもいいのかな?と思いました。

 

武田コーポレーション?(不明)

ちょっとこれは本当に武田コーポレーションのウルトラコンパクトグリルなのか自信が無いのです…値段もちょっと安すぎるので小さいサイズなのかな?このタイプのものは分解するとB6君みたいに平べったくなるようですね。

 

焚火・グリル周りの小物たち!

焚き火グローブ

こちらはかっこいい焚火グローブです。ワークマンのグローブに飽きてしまった方はこちらはいかがですか?ロゴがカッコいいですね。

 

キャプテンスタッグのグリル五徳

こちらはソロ用の焚火台などにつかえる五徳です。高さが調整できない部分が惜しいですが、テーブルになったり風よけにもなるプレートがついているのがポイントですね。

 

チャコールスターター

炭起こしの必需品のチャコールスターターです。個人的にはキャプテンスタッグの折り畳み式のものを展示してほしかった!こちらの商品のほうが原価が低いんですかね…?

 

SOTOのライター

こちらは大量に安売りしていました。2022年4月30日時点でAmazonの約半額です!これは買いです!

ST-483 フィールドライターターボ ミニ

ST-483 フィールドライターターボ ミニ

  • 新富士バーナー(Shinfuji Burner)
Amazon

 

炭&薪

左はBBQには欠かせない炭の皆さんです。右端にある「匠の木炭」というのがちょっと気になりますね!右は広葉樹の薪です。ちょっと高いなー!

 

番外編:カメヤマキャンドルのオイルランタン

こちらはレトロ感あふれるオイルランタンです。明るさというよりかは雰囲気重視なアイテムですね。baoにはまだちょっと早いかなと。

 

 

次回に続きます



以上、ドンキホーテの気になったキャンプ用品~焚火台・グリル編~でした!

今回の焚火台編は割と大物メーカーの主力製品があったり、どっかで見たことがあるパクリ?商品もあったりと、結構バリエーション豊富だったのではないかと思います!

では次回はメスティン編をお送りしたいと思います!

 

前回の椅子・チェア編、クーラーボックス編はこちらです↓

www.baocampblog.com

www.baocampblog.com

 

ランキングに参加しています。
よかったら押していただけると励みになります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ