baocamp blog

細々と「等身大のキャンプ」をレポートします!

【焚火台】偽「ファイアスタンド」の進化バージョンをゲット!したけど…

 

f:id:t4o0m0:20210323191549j:plain

みなさんこんにちは、baoです。

今回もキャンプギア紹介です。
といっても100均モノではありません!

なんとあのユニフレームの「ファイアスタンド」そっくりで、
かつ折りたためてさらにコンパクトになる焚火台を発見しました!
というレポートになります。

 

 

今回の焚火台は…

さて今回の主役となる焚火台ですが、

泣く子も黙る、ユニフレーム社のファイアスタンド!↑↑
ではなく、

 

こちらの偽ファイアスタンド(UJackさんすいません!)↑↑↑
でもなくて…

 

こちらの
「3分割できる超コンパクト型偽ファイアスタンド」です!

 

 

届いた!けど…

f:id:t4o0m0:20210322185218j:plain

というわけで届きました!

なぜかいきなり開封せずにセンゴクアラジンと比較です。
センゴクアラジンの本体高さは約40センチなので
だいたい30-35センチくらいですかね。

あれ?でも3分割で30-35センチということは…??

ちなみにセンゴクアラジン記事はこちらです。↓

www.baocampblog.com

f:id:t4o0m0:20210322185223j:plain

手に取ってみるとこのくらいの大きさです。
片手で持てるくらいの軽さですね。
この中にあの偽ファイアスタンドが入っているなんて…
ちょっと信じられません!

f:id:t4o0m0:20210322185228j:plain

箱から開けてみたところです。
ケースはこの手の偽ギアによくある素材ですね。
筒形になっていて蓋部分のジッパーを開ける方式です。

f:id:t4o0m0:20210322185233j:plain

箱から出した状態をセンゴクアラジンと比較
といっても箱状態と比べてそんな変わりませんが。
このケースに取っ手がついているのは便利ですね。

f:id:t4o0m0:20210322185240j:plain

なぜかメスティンと比べてみました。

こうしてみると…あれ?ちょっとデカい??

f:id:t4o0m0:20210322185245j:plain

ではケースの蓋を開けてみましょう。
空けてみると足が網にくるまれているようですね。

f:id:t4o0m0:20210322185251j:plain

うーん、この蓋の接続部分の裁縫がとっても雑ですね…
あとあとこういうところからほつれて穴が開いたりするんですよね…

f:id:t4o0m0:20210322185257j:plain

ケースから出してみました。

f:id:t4o0m0:20210322185301j:plain

包まれていたものを広げてみました。
なんかすっごいたくさんパイプが詰まってますね…(笑)
4本足がそれぞれ3分割なので、
4×3=12本パイプがあるってことですね。多いよ!

f:id:t4o0m0:20210322185305j:plain

全部繋げてみました。。
残念ながら足部分は抜け防止機構のようなものはなく、
単に差し込むだけでした。
なので下手するとすぐ抜けます。

f:id:t4o0m0:20210322185310j:plain

網を差し込んでみました。
やっぱりデカいよ!デカすぎるよ!!

隣にあるセンゴクアラジンがミニチュアみたいに見えます。

f:id:t4o0m0:20210322185316j:plain

改めてメスティンと比較です。
ちょっとこのデカさは無いですね…
やっぱりデカいよ!デカすぎるよ!!!

いくら3分割でコンパクトでもこのデカさはヤバいです…

amazonの購入履歴と商品ページを改めてみてみると…
ひさしぶりにbaoやっちまいました…

f:id:t4o0m0:20210325211900p:plain

f:id:t4o0m0:20210325211948p:plain

33センチ「収納」??
33センチ「四方」じゃないの??
間違えてLサイズ買ってるー!!

Lサイズは約60センチ弱四方のサイズなのでデカすぎです!
本当は約40センチ四方サイズのMサイズが欲しかったのにーー!
この

・・・

ということで、返品&Mサイズ購入です…

 

届いた!(2回目) 

f:id:t4o0m0:20210322185356j:plain

というわけでLサイズを返品し、
同時にMサイズを購入して届きました。(疲)

f:id:t4o0m0:20210322185400j:plain

iPhone5と比較です。
収納時の大きさはだいたい25センチくらいですね。

f:id:t4o0m0:20210322185410j:plain

というわけで箱から出してみました。
こうしてみると本当にコンパクトですね!
ちょっと太めの麦茶のペットボトルくらいの大きさです。

ちなみにLサイズはどうだっかたというと…

f:id:t4o0m0:20210322185228j:plain

あきらかに長かったですね…
Mサイズと比べるとこっちのほうは10センチも大きいですからね。

f:id:t4o0m0:20210322185419j:plain

さっき箱状態で比較済みであまり意味ないですがiPhoneと。
こちらのMサイズ版にもきちんとケースに取っ手がついていますね。

f:id:t4o0m0:20210322185423j:plain

ケースの蓋は同じようにジッパーがついていますね。
空けてみると…

f:id:t4o0m0:20210322185427j:plain

やっぱりほつれ糸がありますね…
裁縫がLサイズ同様雑でした…残念。

これは偽ギアあるあるですね。

f:id:t4o0m0:20210322185431j:plain

ケースから足部分と網部分を出してみました。
収納方法は同じでした。

f:id:t4o0m0:20210322185435j:plain

足部品の本数も合計12本ありました。

f:id:t4o0m0:20210322185444j:plain

網を広げて、足を取り出してみました。
足は3分割ですね。では組み立てていきましょう。

f:id:t4o0m0:20210322185449j:plain

まずは足が交差する部分から作っていきます。

f:id:t4o0m0:20210322185453j:plain

次にゴムがついている下部分と、
網を差し込むための上部分のパイプをそれぞれつなげていきます。

Lサイズ同様抜け防止の機構はこちらにもついていませんでした…

f:id:t4o0m0:20210322185458j:plain

網部分には網の子のクリップのようなものを
筒の穴の中にはめこみます。

f:id:t4o0m0:20210322185503j:plain

こんな感じですね。

f:id:t4o0m0:20210322185508j:plain

ここらへんの機構は、
3分割ではない偽ファイアスタンドは共通のようですね。

f:id:t4o0m0:20210322185512j:plain

というわけでできあがりました!
本物ファイアスタンド・非分割偽ファイアスタンドと比べて
感覚的には大きさは同じくらいですね!

f:id:t4o0m0:20210322185521j:plain

ケースやiPhoneをのっけてみました。
大体大きさは40センチ四方ですね。
ファミリーキャンプにはちょうどいい大きさですね!

でも、網部分の折り目がとても気になります。
コンパクトにするためには仕方がないのかもですが、
折り目部分の網の劣化が早そうな気がします。

f:id:t4o0m0:20210322185525j:plain不安なところがもう一つ、
この足を交差させる部分の四角い金具が若干歪んでいました。
また、あしの接合部分が普通にボルトとナットのみだったため、
使っていくと緩んで焚火中に崩壊する可能性がありそうですね。
これはちょっと怖いかも!!

f:id:t4o0m0:20210322185529j:plain

あと足のゴム部分なんですが…

f:id:t4o0m0:20210322185532j:plain

いとも簡単に抜けてしまいました(笑)

 

まとめ

ということで、
「3分割偽ファイアスタンド購入レポ」でした!

ポイントとしては

  • 購入サイズはMがベスト。サイズ間違い注意!
  • 網の折り目部分の劣化が激しそうで不安
  • 持ち上げると足連結部がすぐに抜けそうで不安
  • 足交差部分の金具の信頼性が弱そうでとても不安
  • 地面用ゴムがすぐに抜けそうで不安
  • 一度使った後綺麗に掃除してしまわわないと収納が億劫になりそう

と、こうしてみてみると
不安しかありません(笑)

でもだまされたと思って、
今度のキャンプで勇気を振り絞って使ってみて(震)
再度レポートしたいと思います!

 

ランキングに参加しています。
よかったら押していただけると励みになります!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ  

MoMA STORE